Rife~Re life~

ダイエット

正しいジムの選び方

こんにちは!

Rife gymのりょうすけです!

食欲の秋に、スポーツの秋♪
素敵な季節になりましたね!

 

突然ですが…

皆様、こんな経験ございませんか?

 

「よーし!ジム行って腹筋バキバキにするか!」
「綺麗なくびれ作ってやる♪」
「1度の人生!一度でいいからマッチョになってやろう!」

 

と意気込んだのは良いものの、ジムを調べ始めたらどこに行けばいいのかわからない…

 

・大きいジムが良いなぁ。

・24時間やってるのも魅力的だなぁ。

・1対1で見てもらえるのも嬉しいなぁ。

・今流行のジムも気になるなぁ。

・とにかく安いところが良いなぁ。

 

「一体どこに通えばいいんだ〜!」

 

日本でフィットネスが人気となり、私たちが利用できる施設が増えました。

 

一方で、スポーツジムのサービスも多岐に渡るようになり、場所選びに難航するようにもなりました。

 

以前の記事で、トレーニング初心者の方に取り組んでいただきたい事についてまとめました。

自宅でできる簡単なストレッチと筋トレ♪

 

本記事では、日本で今人気、または施設数の多いスポーツジムの種類とサービス内容を簡単に解説していきます。

一般的に言われているような情報だけでなく、

私自身が利用した経験についても触れているので、よりユーザー目線の情報解説となります。

 

もし今、スポーツジム選びに悩んでいる方がいたら参考にしてみて下さいね♪

目次

フィットネスクラブ


いわゆる「総合フィットネスクラブ」のことです。


日本では、1番馴染みのあるスポーツクラブでもあるかもしれません。


駅前、郊外様々なところにあるため継続して通うのにストレスが少ないです。


また、ウエイトトレーニングやスタジオレッスン、
プールまで併設していることが多く、運動するにあたって申し分ない設備内容だと言えます。

最近では、スパを併設しているフィットネスクラブも多く、
トレーニング以外の使用用途でも満足度が高いと言えます。


日本でのフィットネスクラブは大手会社が管理していることが多く信用度も高いです。
フィットネスクラブの数は年々右肩上がりで増えています。



一方で、トレーニングマシンやサービスの使用方法がわからず、
あまり効果を実感できないうちにジム通いを辞めてしまう人が多いというマイナス面もあります。


また、特定のスタジオレッスンやトレーニングマシンが混み合ってしまい、
自分の思い通りにサービスを受けられないということもあります。



フィットネスクラブのメリット
・豊富な設備、サービス
・スタジオレッスンがある
・大手会社が運営。信用度が高い
・都心から地方まで、施設数が多い


デメリット
・教えてくれる人がいないor少ない(マシンの使い方が分からないまま退会する人が多い)
・指導者の指導力にばらつきがある(アルバイトも多い)
・コアタイム(混んでいる時間)に行くとほとんど何もできない
・会員種類によっては、金額が高い
・良い意味でも悪い意味でも特徴のないジム

24時間ジム


まず、ここ数年で24時間ジムの数は大きく伸びています。
首都圏であれば、ほとんどの駅前に設置されているような状態です。

会員の数も、ジムの数と共に凄い勢いで伸びています。


そして、24時間ジムの一番の特徴といえば、やはり24時間ジムを利用できることです!
言葉の通りですね(笑)



ライフスタイルに合わせて利用する時間を決められるため、
忙しいビジネスパーソンの人にとっては嬉しいジムです。

会員費も6,000-9,000円と安価なため利用しやすいジムです。


一方で、サービスに関して物足りないと感じる人もいます。


マシンの種類は、やはり大型のジムと比べると少ないです。
またスタジオレッスンはないジムの方が多いです。
更衣室も簡易的な場合が多く、お風呂はなく簡易的なシャワーであることが多いです。



また、これは私自身が感じていることですが、
24時間ジムはたくさんの人が集まると言うこともあり、
トレーニングマナーが悪い人がいることもあります。


深夜帯はスタッフが常駐しているわけではないので、
セキュリティ面で大型のフィットネスクラブに劣ると言う点もあります。



24時間ジムのメリット
・好きな時間に利用することができる
・会費が安価
・店舗数が多い



デメリット
・マシンが少なくジム面積が狭い
・トレーニングを教えてくれる人がいない
・お風呂がなくシャワーだけ
・コアタイムに行くと何もできない

パーソナルトレーニングジム


「結果にコミット」


この言葉でお馴染みのジムがきっかけで、
パーソナルトレーニングジムの認知度は急激に上がりました。

ジムの件数も毎年増えているので、皆様にとっても身近なジムになってきていると思います。


通常のフィットネスジムとの大きな違いは、
やはり1対1のマンツーマントレーニングを受けることができることです
(※フィットネスジムにパーソナルトレーニングサービスを用意している場合もあります)。



マシンの使い方はもちろんですが、身体の正しい使い方も教わることができるので、
他のジムのサービスを受けるよりもトレーニングの成果が早期に出る可能性が高いです。

運動してみたいけど、ジムで大勢の人の中でトレーニングするのは嫌だ。
というトレーニング初心者の人は少なくないです。


パーソナルトレーニングジムは1対1の個室空間で行うことが多いので、
周りの目を気にせず、安心してトレーニングに集中することができるでしょう。


1対1でサービスを受けることになるので、
金額に関しては他のジムサービスよりも高価となることが多いです。


だいたい、1回60分のパーソナルトレーニングを受けるのに
10,000円かかってくるのが相場です。


近年、パーソナルトレーニングジムのサービス形態の多岐に渡るようになってきましたが、
だいたいが

「ダイエットジム」
「機能改善ジム」
「コンセプトジム」(ヒップアップ専門や、女性限定等)
に分類されます。


ご自身の目的にあったパーソナルトレーニングジムを選択するようにしましょう。



パーソナルトレーニングジムのメリット
・1対1でのマンツーマン指導
・個室の場合が多い
・成果につながりやすい



デメリット
・金額が高い
・人気トレーナーだと予約がとりづらい

暗闇フィットネス系


数年前から様々なジムが出来てきています。

暗闇でボクササイズを行ったり、固定自転車を全力で漕ぐ等、
一番の特徴は、とにかく「楽しい」ことです。


独自のプログラムを行うことで、
短い時間で多くのカロリーを消費するという特徴があります。


私自身も利用したことがありますが、
楽しさに関してもカロリー消費についても実感しています。


ジムが都心の綺麗な場所にあることが多く、
ロッカールームやアメニティもとても綺麗でした。


サービス利用回数にもよりますが、1ヶ月あたりにかかる金額は15,000円前後です。


カロリー消費を売りにしていますが、
参加者の気持ち次第で休憩を多めに取ることもできるため
必ず高カロリー消費できると約束されたわけではありません。


サボりながらやる。ということも可能になっています(笑)


また筋肉をつけるというよりは、
カロリー消費に重きを置いているので
マッチョやメリハリボディを目指す方には不向きなジムです。


暗闇系フィットネスのメリット
・短時間でカロリー消費
・エクササイズが楽しい
・内装、アメニティ、その他グッズが充実している

デメリット
・1回あたりの金額が高価
・高カロリー消費できると約束されているわけではない。
・筋肉を大きくするわけではないのでボディメイクには向かない



いかがでしたでしょうか?


簡単な紹介ですが、様々なサービス形態のジムがあります。
この他にも、

〜ヨガやピラティス〜

〜フリーランスのトレーナー〜

色々なサービスがあります。


トレーニング初心者の方がトレーニングを始めるときに大事にして頂きたいのは、

トレーニングを「やる理由」と「目指す目標」です。


もし理由と目標が明確であれば、ジム選びの際に
是非本記事のジム別特徴を参考にしてみて下さい。


まだ理由や目標が明確ではない。
もしくは何から考えたら良いかわからないけど、とにかく運動してみたい!

あなたがそのような状態でしたら、是非Rife gymの体験トレーニングを利用してみて下さい♪


知識と経験豊富なトレーナー陣が、あなたに寄り添い、
あなたの健康を共にお作りしていきます(^^)


ではまた次の記事で♪

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 正しいジムの選び方